1年目から作れるビジネスカード!アメックスのメリットと選び方

アメックスの担当者

アメックスの担当者に教えてもらった内容です。

  • 1期目(法人、個人事業主)から持てる。
  • ゴールドカードも一般カードと審査基準は同じ
  • 利用金額に制限なし(最初はあります)

ビジネスカードは個人の信用情報(返済能力)と会社情報を審査で確認するので、1期目の実績を判断して2期目以降に持てることが一般的です。

私は法人を2013年に設立しましたが、1期目にJCBで審査に落ちました
そのため1期目から発行可能なアメックスのメリットは大きいです。

アメックスの選び方は2つあります。

  1. ビジネス(法人・個人事業主)か個人カード
  2. グリーン(一般)かゴールドカード

どの組み合わせがベストか?みていきます。

アメックスはJCBと提携中で日本でも使いやすい

アメックスはJCB加盟店でも使える

アメックスは「旅行」サービスに強い沿革があります。

  • アメリカで貨物運送業としてスタート(1850年)
  • 世界初でトラベラーズ・チェック:外国旅行者向けの小切手を発行(1891年)
  • 横浜に日本初の事務所を開設(1917年)
  • 加盟店事業でJCBとの業務提携(2000年)

日本でも100年以上の歴史がありJCBと業務提携をしているので、実は国内でも使いやすいクレジットカードです。

Apple Pay(アップルペイ)も使えるので、スーパーなどのちょっとした支払いにも便利です。

またハワイに行った時はコンビニ・タクシー・ホテル・レストランと使えないところが基本なかったので、アメリカ発の強さを感じました。

さらにステータスの高さはダイナースクラブと1、2位を争います。
これは利用限度額の制限がないことに裏付けられます。

ビジネスカードか個人カードか

  • ビジネスカード→経費決済を他のクレジットカードと分けたい人
  • 個人カード→ポイントを非課税にしたい人

ビジネスカードは経費管理がラクです。
法人名義であればそのまま法人口座から引き落とされます。

また個人名義でも他のクレジットカードと個人事業主の決済を分けたり、法人経費を立て替えできます。

その代わりビジネスカードはもらったポイントも売上になり、決算や確定申告をする必要があります。

逆に個人カードでもらったポイントは非課税(最大年間20万円)で確定申告不要です。
(詳しくは税理士に相談ください)

そして明らかに経費として成立するものは、あとで法人に請求することもできます。

グリーンカードかゴールドカードか

アメックスゴールドカード

  • グリーンカード→年会費を安く済ませたい
  • ゴールドカード→ステータスもほしい

アメックスの担当者はじめ、グリーンカードを持っている大手企業社員や資産家・経営者に複数出会いました。

そのためグリーンカードでもアメックスの恩恵を十分を受けられます

ただ年会費は経費にできるので、金額が問題なければゴールドカードの方がステータスになります。

経営者仲間とクレジットカードの話をしていた時に、「世間的に一番魅力的に見えるのはゴールドカード」という結論に達しました。

理由はプラチナカードやブラックカードは価値がわからず、イメージできない人が多いからです。

そのため接待やデートのお会計でチラッと見えた時に、会社や個人の信用が嫌味なく伝わりやすいのはゴールドカードだと思っています。

ビジネスカードの年会費と特典

グリーン ゴールド
年会費 12,000円 31,000円
1枚追加 6,000円 12,000円
海外旅行保険 5,000万円 1億円

ビジネスカードの特典です。

  • ビジネスカード限定の付帯サービス(経費処理、業務効率改善)
  • トラベルサービス(手配、現地サポート、ラウンジ、手荷物など)
  • プロテクション(不正利用、盗難、紛失など)
  • 交流サービス(ゴールドカード限定)

ゴールドカードは接待や贈り物に役立つ交流サービスがあるので、ワンランク上のシーンを演出できます。

詳細はリンク先の公式ページから確認ください。

個人カードの年会費と特典

グリーン ゴールド
年会費 12,000円 29,000円
1枚追加 6,000円 12,000円
海外旅行保険 5,000万円 1億円

個人カードの特典です。

  • ポイントプログラム(お得に貯まって使える)
  • トラベルサービス(手配、現地サポート、ラウンジ、手荷物など)
  • プロテクション(不正利用、盗難、紛失など)
  • プライオリティ・パス(空港VIPラウンジ年会費が無料)
  • レストランで1名分無料(ゴールドカード限定)

ゴールドカードは提携レストランの飲食代が1名無料なので、年会費をペイしやすいです。

詳細はリンク先の公式ページから確認ください。

まとめ

  • 1年目でビジネスカードがほしいなら、アメックス一択。
  • 審査基準は同じなので、ステータスもほしければ遠慮なくゴールドカード。
  • 税金を気にするなら、ポイント非課税の個人カードでお得に。

経費処理やビジネスシーンを円滑にしたければ「ビジネスカード」、コスパよく使いたいなら「個人カード」がおすすめです。

日本では使いにくいイメージがあるかも知れませんが、JCBと提携して国内でも実は使いやすいです。

海外も使えるお店が多かったので、旅のお供・ステータスの1枚にしてください。

最短3時間入金の借りない資金調達

ビートレーディング
審査通過率は驚異の98%(買取金額無制限)
30分のスピード審査(最短12時間で入金)
全国どこでも出張査定(郵送契約もOK)
事業資金エージェント
すべての手続きがオンラインだけで完了
最短3時間で入金完了(業界最速振込)
万が一に備えて相談・仮審査だけでもOK

借入金額と融資スピードの業界2トップ

アイフルビジネスファイナンス
最高1,000万円のビジネスローンはここだけ
銀行・信用金庫・公庫で落ちた人もおすすめ
書類は1期分でも可能(担当者に確認済み)
プロミス(3秒診断できます)
経営者は生計費、個人事業主は事業費でOK
24時間最短10秒で振込(夜間や土日も対応)
コンビニATMも24時間今すぐ受け取れます

こちらもおすすめです。