ファクタリング 電子記録債権 違い

ファクタリングと電子記録債権の違いは?
=「ネットワーク」と「保証」です。

1.ネットワークの違い

電子記録債権(でんさい)
=債権を電子的に記録して管理する仕組み
=株式会社全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)が記録機関となって運営。
(全国銀行協会が100%出資して設立)
(1400を超える金融機関が参加)

=どこの銀行を通じて手続きを行っても、
 全国統一の書式で利便性が高いです。

ファクタリング
取引先(売掛先)ごとにファクタリング会社と契約が必要。

2.保証の違い

電子記録債権(でんさい)
=譲渡企業が保証人

ファクタリング
=譲渡企業は保証人になる必要なし
(売掛金の売買契約なので)

ですので銀行では、

でんさい(一括)ファクタリング
(企業の手形支払いに替わるスキーム)

というサービスも提供されています。

=でんさいネットに登録された債権を銀行が買取る。
譲渡企業は保証人になる必要がない
=「銀行版(一括)ファクタリング

と言えます。

メガバンクが自社電子債権システム保有+でんさい参加の理由は?

自社システム=大手企業の囲い込み
でんさい参加=中小企業も取りこぼしなく

という戦略かと思います。

最短3時間入金の借りない資金調達

ビートレーディング
審査通過率は驚異の98%(買取金額無制限)
30分のスピード審査(最短12時間で入金)
全国どこでも出張査定(郵送契約もOK)

事業資金エージェント
すべての手続きがオンラインだけで完了
最短3時間で入金完了(業界最速振込)
万が一に備えて相談・仮審査だけでもOK

借入金額と融資スピードの業界2トップ

ビジネクスト(まずはスピード診断)
最高1,000万円のビジネスローンはここだけ
銀行・信用金庫・公庫で落ちた人もおすすめ
書類は1期分でも可能(担当者に確認済み)
プロミス(3秒診断できます)
経営者は生計費、個人事業主は事業費でOK
24時間最短10秒で振込(夜間や土日も対応)
コンビニATMも24時間今すぐ受け取れます

こちらもおすすめです。